カテゴリ:セカンドスクール
平成30年度セカンドスクール7日目

帰校式
 1週間ぶりに学校に帰ってきました。とても懐かしく感じます。お迎えに来てくださった保護者の皆様の顔を見て、ほっとして嬉しそうに微笑んでいる子供たちの姿が印象的です。この1週間で、貴重な自然体験活動を行ったり、様々な人とふれあったり、共に規則正しい生活を過ごしたりして、子供たちは大きく成長しました。自然を守って伝えている人、稲やりんご等の農作物を育てている人、尾瀬の自然について学んでいる高校生、宿のお父さんお母さん等、たくさんの方々から様々なことを教えていただき、自然の素晴らしさや生産者の思い、生きている魚の命をいただいていて食物にしていること等を知りました。きっと、これからの生活の中で生かされ、よき思い出として残っていくことでしょう。
 
お別れ
 宿のお父さんお母さんからも、一言ずつお別れの言葉をいただきました。明日から寂しくなると話されていて、子供たちに優しくしていただいていたことが、よく分かりました。名残惜しいのですが、時間になったので、お別れを告げ、バスに乗り込みました。
 
閉校式
 片品村での1週間の活動が全て終わりました。閉校式では、お世話になった皆さんに、皆でお礼の気持ちを伝えます。「さようなら」の歌を気持ち込めて歌い、お世話になったお礼をしました。
 
奉仕活動3
 お母さんの肩や足、手をもんであげて、お母さんは気持ちよさそうです。玄関前には、昨日に台風の風で飛んできた落ち葉がたくさんあったので、掃き掃除をすると、すっきりとしました。
 
奉仕活動2
 布団を干したり、畳んだり、とびらやさんを磨いたりして、掃除している子供たちも気持ちよさそうです。
 
奉仕活動1
 宿の掃除をしています。階段を掃除機をかけ、手すりをきれいに磨きました。玄関も丁寧にほうきではいています。とてもきれいになり、宿のお父さんお母さんに喜んでもらえそうです。
 
7日目の朝の会
   セカンドスクール最後の日になりました。お世話になったお父さんお母さんに喜んでもらえるように、「来たときよりもきれいにしよう」等と目標を立てていました。昨日の台風の風雨でも、しっかり眠れた子供が多く感心しました。

 

公開日:2018年09月22日 15:00:00
更新日:2018年10月02日 08:29:37